手軽に出来るマニキュアもいいけれど、ツヤやプックリしたテクスチャはやはりジェルネイルには仇敵いません。でも、ジェルネイルをしたいけどネイルサロンに行く時間が取れないというマミーは多いのではないでしょうか。あんなユーザーに美味いのがセルフジェルネイル。今は備品を揃えれば、エステティックサロンにいかなくても自分でジェルネイルをすることも可能です。根底のジェルネイルのものですが、用意するものは、カラージェル、ジェルトップ、ジェルベース、爪楊枝、ネイルブラシ、ウッドスティック、LED燈火です。タスクですが、①:爪楊枝で器に入っていらっしゃるジェル(ジェルベース・カラージェル・ジェルトップ)を、各自素晴らしく混ぜて沈殿吊り上げる元を良く撹拌立ち向かう。②:ブラシでジェルベースを適量とって爪の中央に乗せます。③:皮膚に付かないように注意しながら爪全体に伸ばします。エッジ(爪のその後や断面)にも忘れずに塗布して下さい。ジェルベースを厚塗りするとジェルが剥がれやすくのぼる。初めから沢山のせずに一寸ずつ塗り、足りない場合に足していくように下さい。ジェルが皮膚や甘皮についた場合はウッドスティックとして取り除いて下さい。まるごと硬化するとリフトの原因となって仕舞う。④:燈火で硬化します。使用するジェルの認識硬化日にちを厳守しましょう。⑤:カラージェルをブラシにおいて爪の中央に乗せます。⑥:甘皮につかないように注意し、全体に伸ばします。エッジにも忘れずに塗布します。ジェルが皮膚や甘皮についた場合はウッドスティックとして取り除いて下さい。⑦:燈火で硬化します。⑧:2ごと塗りとしてふたたび硬化させます(発色を濃く待ち望む場合は好みの発色になるまで5?8を繰り返します)。⑨:ジェルトップも同じように塗布し、燈火で硬化します。打撃時間が足りないという曇りの原因になってしまうので打撃時間は守って下さい。⑩:未硬化ジェルを取り去ります。コットンにジェルクリーナーを含ませて取り去ります。ジェルネイルの良さは、高発色で望ましい艶が長持ちするところです。また、ネイルアートをする上でも燈火に当てるまでジェルは固まらないので、失敗しても拭き取れば改定も大丈夫。ネイルアート一般人には望ましい長所です。ジェルネイルにおいてみると、プレパレーションからジェルオフまで、ネイルポリッシュを塗る時と比べると面倒な作業がたくさんあります。でも、爪をケアする手立てを見て取れることは、指先のプリティーを保つためには所なのです。タスクを守れば安全に楽しめるので、セルフでもジェルネイルに挑戦してください。ネイチャーリズムで1日一食置き換えただけで体に起きた異変